名古屋の無料法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料電話
法律相談
無料面談
法律相談
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2015/03/30

[カテゴリ]

          
  桜が満開です。とても美しい。最近,朝の徒歩通勤の経路を変えてみました。その途上には2つの小学校があるのですが,いずれもそれはそれは見事な桜が咲いております。そういえば,私が小学生だった頃も,中学生,高校生の頃も学校の敷地には桜の樹があったと記憶しております。

 

 わが日本国では,昔から学校の敷地には桜の樹を植える文化が連綿と続いているのでしょうかね。桜は日本の国花ですからね。

 

 「敷島の 大和心を 人問はば 朝日に匂ふ 山桜花」(本居宣長)

 

  桜という花は,自然の呼び声(風)に応じていつでもこの世を去る覚悟ができている花で,その見た目の美しさも勿論ですが,その潔さ,儚さがまた魅力なのでしょう。

 

 さて,桜の美しさとはうって変わって,ちっとも美しくない中国共産党のお話になってしまいます。中国が主導して設立準備が進められている「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」という代物・・・。世界銀行,アジア開発銀行,国際通貨基金(IMF)などの既存の国際金融機関があるのに,何で中国が主導して新たにこのような代物を作る必要があるのでしょうか。

 

 これに既に参加を表明し,また参加予定である国は40か国を超え,ドイツ,イギリス,フランス,イタリア,ロシアなどの主要国も参加を表明するに至っていますし,カナダやオーストラリアも参加のようです。アメリカは様々な面で透明性に欠けるなどとして現在は消極のようです。日本国が最終的にどう態度決定するのかは分かりません。

 

 でも,考えてみれば,中国という国は中国共産党が一党独裁している国です。中国のあらゆる政府組織,中央銀行(中国人民銀行)も,軍と同じく習近平党総書記・国家主席を頂点とする共産党中央の指令下にあります。AIIBの運営は党中央の意思に左右されてしまうことは明らかなのではないでしょうか。

 

 田村秀男さん・・・,こういう編集委員がいるから産経新聞はとてもまともな新聞だと思います。この田村さんの「日曜経済講座」が日曜日の産経新聞に掲載されていました。ちょっと引用してみましょう。

 

「例えば、党中央が必要と判断したら、北朝鮮のAIIB加盟がただちに決まり、同国向け低利融資が行われ、日本の経済制裁は事実上無力化するだろう。東南アジアや南アジアでの中国の軍艦が寄港する港湾設備がAIIB融資によって建設されることもありうる。そう、AIIB問題の本質は外交・安全保障であり、平和なインフラ融資話は表看板にすぎない。」

 

「中国がAIIBを創立し、アジア地域全体でインフラ投資ブームを演出する背景には、自身の窮状を打開するためでもある。鉄道、港湾、道路などで需要を創出し、中国の過剰生産能力、余剰労働力を動員する。そのために必要な資金はAIIBの名義で国際金融市場から調達する。そして、中国主導の経済圏が拡大するにつれて、人民元が流通する領域を構築する。各国が人民元に頼るようになれば、外交面での中国の影響力が格段に強化される。AIIBは党支配体制維持・強化のための先兵なのである。」

 

 そうか,外交・安全保障面での野望と減速した自国経済立て直しの野望,ひいては中国共産党による体制維持・強化という野望が背景にあるのですね。それにしても,銀行のATMからでさえも平気で偽造紙幣(人民元)が出るような国ですもの(笑),こんな国を中心とした人民元経済領域が拡大してしまうのはたまりませんし,これが現在の基軸通貨に取って代わるとも思えません(笑)。

 

 ただし,インドも,いわゆる「真珠の首飾り」作戦で中国に軍事的に取り囲まれないようにしなければなりませんよね。中国としては自国経済が減速傾向にあり,過剰な労働力と在庫をもてあましておりますから,大規模インフラ建設工事に融資することで自国(中国)の企業に受注機会を与え,生産資材を海外輸出して経済立て直しを図ろうとしているのです。アフリカで頻発しているように,大量の中国人労働者が海外に打って出て現地住民から反感を買わないとも限りません。

 

 中国としては,前記のような野望があるからこそ,このAIIBに関し,中国は当初から資本金の50%出資を表明し,今後出資国が増えても40%以上のシェアを確保しようと躍起になっている訳ですね。

ブログ内検索

カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー


PAGE TOP