名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料電話法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2015/03/09

[カテゴリ]

         
 タイトルどおりですわ。本当に将棋は面白い(笑)。実はヤフーのゲームで「将棋」というのがあって,最近それを仕事の合間に楽しんだりしています。日本中の不特定・多数の方々とですが,将棋の対局が楽しめるのです。

 

 対局に勝てば自分のレート(登録者中の実力や地位を数値で表したようなもの)が上がっていきますし,負ければ下がります。これも励みになります。それにしてもゲーム将棋に参加している人は千差万別ですね。いろいろな人がおります。チャットの欄に「よろしく」などと言葉で一礼をする人や「またお願いします」などとコメントしてくれる人もいますが,その一方で,卑怯というか礼を失している人もいます。プロでもアマチュアでも,将棋を指していて,終盤で自分の負けを悟って対局を終了させる場合には,はっきりと「投了」という意思表示をします。それが礼儀というものです。しかし,負けて悔しいのは分かりますが,「投了」のところをクリックすることなく,ぷいっと席を立ってそのままゲームを没収されてしまう人もいます。これはいただけない。

 

 そういう愉快でない目に遭ったりもしますが,ネットでゲームとして行う将棋もなかなか面白いのでありますよ。相手によっては奇襲作戦を仕掛けてくることもあります。彼もその奇襲作戦で面白いように勝ちまくっているのでしょうが,はっ,はっ,はあー(笑)。私は典型的な奇襲作戦の数々に対しては,ちゃんと対策を用意しているのですよ(笑)。

 

 さて,将棋の話を続けますが,昨日の日曜日にはNHK杯将棋トーナメントの模様をテレビで見ておりました。森内俊之九段は既に決勝進出を決めておりますが,昨日はもう一つの準決勝の対局,行方尚史八段対橋本崇載八段の対戦でした。さすがにプロです,なかなか見応えのある中盤でしたが,私はつい眠くなってうつらうつらしてしまい,何と目を覚ましたら対局が終了していました。ビックリしました。というのもまだ終盤にも差し掛かっていなかったのに終わってしまっていたからです。でもすぐに訳が分かりました。橋本八段が二歩の反則負けをしてしまったのであります。二歩というのは,自分の「歩兵」のある筋に,もう一枚「歩兵」を置いてしまう禁じ手(反則)です。プロでは珍しい現象です。

 

 結局,今年のNHK杯トーナメントの決勝は,森内俊之九段と行方尚史八段の対戦となりました。棋士の世界は順位戦というリーグがあり,A級,B級1組,B級2組,C級1組,C級2組,フリークラスと各リーグに分かれ,全て厳然とした順位が付けられています。このうち,A級こそが最高峰であり,A級順位戦の優勝者が名人戦の挑戦権を獲得するのです。

 

 今年のNHK杯の決勝を戦うのは,奇しくもA級1位の森内九段と同2位の行方八段と相成った訳です。実力者というのは,やはり早指しの実力も備えているということですね。

ブログ内検索

カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー


PAGE TOP