名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料電話法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2015/01/20

[カテゴリ]

          
  元中日ドラゴンズの大豊泰昭さんが急性骨髄性白血病で急逝されました。早すぎる死であり,残念です。私の同業者(弁護士)のS先生が大豊さんの経営している中国料理店をよくご存知で,今度一緒に行こうねと言われてもおりましたのに・・・。

 

 うちの娘は小学生時代も特に活発で,3年生から4年生ころまで地元の少年野球チームに所属しておりました(ポジションはセカンド)。チーム内で女の子は娘だけでした(笑)。娘が小学3年生のころ,コーチの人脈で大豊さんが小学校の校庭まで一人で来てくれて,子供たち一人一人に丁寧にバッティングを教えてくれたそうです。娘も肩越しにバットの構え方やスイングなどを大豊さんから教えてもらい,娘の記憶では大豊さんは誰にも分け隔て無く,とても気さくに指導してくれたそうです。

 

 1994年のプロ野球といいますと,例の10・8決戦,つまり巨人と中日が勝率同率で並び,最終戦に勝った方がセ・リーグのペナントを制するというプロ野球史上初の戦いでした。結局我が栄光の読売巨人軍が優勝したのですが,この年に大豊さんは38本塁打,107打点で見事二冠に輝いたのです。大豊さんは台湾でもスカウト活動をする一方で,日本に住所を構え,店も経営していたのですから台湾と日本が好きだったのでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

 

 私は今まで一度も台湾を旅行したことはありませんが,一般的に台湾の人は親日的ですね。今朝の産経新聞の朝刊でしたか,台湾の人に対するアンケートで「旅行したい国」,「尊敬している国」などの項目ではいずれも日本がトップだったという記事が載っておりました。東日本大震災の時も諸外国の中でもとりわけ多くの義捐金を送ってくれたのも台湾です(日本赤十字社の発表では1位のアメリカ合衆国【29億9811万8250円】に次いで台湾は2位です【29億2894万7417円】)。

 

 私が司馬遼太郎の「坂の上の雲」という小説を読んで感動した直後に最も心に残った人物の一人に児玉源太郎大将がおります。もちろん日露戦争を勝利に導いた軍人の一人ですし,それ以前には台湾総督を務め,自ら起用した後藤新平とともに台湾では行政面での素晴らしい業績を残しました。台湾の人も児玉源太郎を慕っておりました。

 

 これも産経新聞の記事で紹介されていたのですが,児玉源太郎大将の死後,藤沢市江ノ島に児玉源太郎を祀る児玉神社(1918年創建)を造ろうという計画が持ち上がりました。予算はその当時のお金で11万円。しかし日本国内ではわずか3000円ほどしか集まらなかったのです。でもこの話が台湾に伝わるやいなや,2週間も経たないうちに残りの金額が集まったといいます。台湾の人がいかに児玉源太郎を敬愛していたかが窺われます。

 

 一度台湾を旅行してみたいものです。

ブログ内検索

カレンダー

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー


PAGE TOP