名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談予約受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2015/12/10

[カテゴリ]

          
  もうずいぶん昔の話になりますが,娘がまだ3,4歳のころ,家族三人でサイパン島に旅行したことがあります。写真を見ても懐かしく,今では楽しい思い出になっております。

 

 でも先日の産経新聞によれば,サイパン島には平成9年ごろまでは多くの日本人観光客が訪れていましたが,平成17年以降は日本航空の定期便が撤退したり,日系ホテルの閉鎖などがあり,日本人観光客が激減したようです。

 

 その一方で,平成21年から米領で唯一,中国人がビザなしで渡航できるようになり,中国人観光客が急増しました。しかし,既にご存じのとおり中国人観光客のマナーの悪さは世界的なもので,実際にはサイパン島の人たちも内心では中国人観光客を歓迎はしておらず,日本人観光客のカムバックを心から期待しているようです(笑)。

 

 例えば,先日のその産経新聞にも記事が掲載されておりましたが,中国人観光客の一部によるサイパン島内の日本の慰霊関係施設への嫌がらせが激化しています。島北部の「バンザイクリフ」でも近年,日本人遺族や戦友会などが建立した二十数基の慰霊碑の碑文の溝にかみ終えたガムを貼り付ける行為が多発したり・・・。地元の政府観光局は監視を強化していますが,大勢の中国人観光客らが連日訪れ,同様の嫌がらせを行うなど手が付けられない状態だといいます。本当に困った連中です。

 

 私は仕事の合間に,『三橋貴明の「新」日本経済新聞』というメールマガジンを読んでいるのですが,その中で「チャンネル桜」のキャスターでもある浅野久美さんの面白い記事がありましたので,その一部をご紹介します(12月5日配信分)。文章が面白い人というのは世の中にはたくさんいるものですね(笑)。

 

「先日、日帰りで京都に行く機会がありました。はんなり京都弁やお寺巡りに紅葉も楽しみな季節です。しかし、予想していたとはいえ、彼らの旅の『爆』度合いも、これまた凄まじかった。丸一日滞在して、京都弁がきちんと耳に入ったのは、湯豆腐屋さんとおみやげ屋の売り子さんのみ。古都京都で聴こえる晩秋の音は、寺の鐘や川のせせらぎ、嵐山の樹々の葉擦れなどではなく、くまなく中国語メインの外国語ばかり。そして、中国人観光客のマナーも確かに聞いていた通りの悪さでした。」

 

「おい、天下の金閣寺で肉まんをボロボロこぼしながら食べ歩くな!!それを包んだ袋を『あ、落としちゃった。てへへ』みたいなテイでさりげなく捨て散らかすな!!こら、コイに餌をやるな!池に『きのこの山』を投げるんじゃない!柵を乗り越えるな!トイレットペーパーを持ち帰るな!とまあ、いちいち気になって、なかなか穏やかに寺院の散策など出来ませんでした。」

 

「普段は眉などしかめたことのない、温和でアルカイックなスマイルの私ですが、彼らの自撮り棒が、こちらの頭をかすって交錯するたびに、舌打ちとため息のボリュームは明らかに上がり、さすがに眉間のシワは深まって、堪忍袋はじわじわと膨らんだものです。そしてとうとう、最悪のタイミングで、私はそれを目の当たりにしました。あるお寺の美しい苔の緑の中、静かに流れる湧泉からの清流を、小さな石の橋で跨ぐ瞬間、なんと中国人のおじさんが続けて二回もタンを吐いた!!いいですか、、、清流の中に痰・・喀痰ですよ、カッタン!もうね。こっちは清流を跨ぐどころじゃないの。『君よ憤怒の河を渡れ!』状態。・・・」

 

 本当に困った連中ですね。それにしても「アルカイックなスマイルの私」・・・。とても素敵な表現ですね(笑)。私も仕事柄,ストレスは相当に感じますが,「アルカイックなスマイル」を心がけようと存じます(笑)。

ブログ内検索

カレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー


PAGE TOP