名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料電話法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2014/05/13

[カテゴリ]

         
 どうでしょうか,今からもう10年も前になるでしょうか。私がある高級な飲み屋で飲んでいた時,見ず知らずの若い女性との会話で,私が何に見えるかという話題になりました。そうしたらその女性,「ベトナムか何かのお金持ちに見える。」と宣ったのです(爆笑)。私は思わず「がくっ」ときました(笑)。確かに私の顔は,北方系というよりは南方系なのかもしれませんが,その時の無念の気持ちをどういう訳か今でも覚えております。

 

 でも,このたびの南シナ海での中国とベトナムの巡視船同士の衝突事件については,ベトナムの毅然とした態度は誠に立派です。島嶼部といえども自国領土の一部なのですから,領土,領海を護るべきことは当然です。

 

 それにしても,中国当局の報道官は相も変わらず嘘ばかり言っています。ベトナム船が中国船に故意に衝突してきたですと・・・。息を吐くように嘘を言います。ベトナムはこのたびその時の模様を撮影した動画を証拠として公開しましたが,どこをどう見ても中国船が故意にベトナム船に体当たりをし,挙げ句にベトナム船に放水までしております。嘘はいけません。

 

 先日の産経新聞の産経抄には,柳田國男の幼い末弟の嘘にまつわるエピソードのことが記載されており,思わず心が和みました。一部を引用してみましょう。

 

「柳田國男は、『うそと子供』という随筆のなかで、末弟の3歳の頃のエピソードを紹介している。ある日自分から言い出して、豆腐屋にお使いに出た。ところが、買って帰った油揚げの端が少し欠けていた。途中で鼠(ねずみ)が走って来て、かじって行ったというのだ。弟の説明を聞いた母親は、おかしそうに笑っていた。『嘘(うそ)つきは泥棒の始まり』などど、頭ごなしに叱りつけるだけが、しつけではない。『快くこの幼児にだまされて、彼のいたいけな最初の智慧(ちえ)の冒険を、成功させてやった』。そんな母親の振るまいを、柳田は諒(りょう)とした。確かに子供は、3歳くらいから嘘をつくようになる。親に叱られるようなことをしでかして、自分の身を守るために必死に知恵をしぼる。これもひとつの成長の表れなんだそうだ。年齢が上がるにつれて、嘘もうまくなっていく。やがて、ついていい嘘と悪い嘘の区別がついて、晴れて大人になる・・・。」

 

 本当にそうですよね。大人になったら,ついていい嘘と悪い嘘はちゃんと区別しなければなりません。

ブログ内検索

カレンダー

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー


PAGE TOP