名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料電話法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2013/07/23

[カテゴリ]

 

 いやあ,毎日毎日暑い日が続いております。この暑さの連続で気も狂わんばかりです。皆さん,気は確かでいらっしゃいますか(爆笑)。

 

 さてさて,参議院議員通常選挙の結果が出ました。私も公示以降はこのブログでも珍しく大人しくしておりました。公職選挙法違反などでお咎めがあってもいけませんからね(笑)。選挙の結果は概ね予想通りでしたが,本当のところは自由民主党が70議席,あわよくば72議席を確保したらなと密かに期待していたのです。でも欲張りすぎてもいけません,65議席でしたからよしとしましょう。改選前の倍増に近いわけですし,いわゆる「ねじれ」が解消されたのですから,その点では大いに結構です。思い出してください。この参議院議員通常選挙の直前,野党はこの「ねじれ」状態を奇貨として内閣不信任決議案を提出,可決し,政府・与党が出した重要法案の一部を廃案に追い込んだのです。あのどんよりと黒雲が垂れ込めたような,閉塞感のある,そして中国,韓国に阿りまくった民主党政権の悪夢がよみがえったようでした。誠に,唾棄すべき存在です。

 

 なお私としては,公明党という存在がキャスティングボートを握ってしまう事態は好ましくなく,憲法改正や集団的自衛権の問題が現実化した時には,自由民主党ととしては連立解消も辞さない覚悟が必要だと思っております。とにかく第二次安倍内閣の責任が重いことは勿論ですが,大仕事をなすための秘めた覚悟と可能性は極めて大きく,私としては「日本を、取り戻す。」ための最大のチャンスだと思っております。これから,いよいよ本格的に動き出して欲しいと思います。

 

 それにしても選挙特番を見ていてつくづく思ったのですが,マスコミの偏向的な報道姿勢には辟易します。「アベノミクス」という経済政策については,「評論家」にネガティブなことばかり言わせておりますが,前にも申しましたように,一つの経済政策(金融,財政など)が,景気,雇用,税収などにどのような効果を現していくかについては,1年半とか2年ほどの少し長いスパンで見ていく必要があるのです。性急すぎるのです。そしてマスコミも野党の連中の批判も,「ため」の批判であって,説得力というものがありません。

 

 「脱原発」にしたって,野党は口を揃えてこれを主張し,「電気は足りているんです。」,「原発再稼働反対!」などといい加減なことを言っていますが,天然ガスやその他の燃料を海外から輸入し,火力発電に頼り,3兆数千億円もの国富を流出させながら辛うじて電気を確保しているのではありませんか。彼らは有権者に対して,原発完全停止までの道筋とその実現可能性を,確たる裏付けをもって説得力ある説明をしてきたでしょうか。それができなかったから,シングルイシュー政党のようなみどりの党や生活の党が一議席も得られず,その他の野党も議席数を激減させ,伸び悩んだのでしょう。それにしても,私としてはかなり引いてしまう,そしてある民放番組で「竹島なんか韓国にあげたらいい。」と発言した山本太郎のような者を当選させてしまうなんて(笑)。

 

 まあ,いいです。第二次安倍内閣さん,是非とも,是非とも頑張ってください!

 

 産経新聞の「朝の詩」という欄は,私は毎朝目を通しているのですが,7月19日の詩はとてもいいなと思いました。この作者は大分県佐伯市の佐藤弘子さん(56歳)という方の詩なのですが,失礼ながらこのブログで引用させていただきます。

 

「仕事の前に 家事(しごと)があって 仕事のあとに 家事(しごと)がある なかなかどうして よくやるもんだ! 『お疲れさん!』 風呂のかけ湯で 体を いとう 私で 私の 体を いとう」

ブログ内検索

カレンダー

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー


PAGE TOP