名古屋の無料法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料電話
法律相談
無料面談
法律相談
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2010/09/28

[カテゴリ]

 

 中国漁船の船長に対する今回の公務執行妨害被疑事件の処理(船長の釈放)について,仙石由人という官房長官は,これはあくまでも訴追機関としての那覇地検の判断によるもので,政府としてはこれを了とせざるを得ないなどと全くとぼけた説明をしている。これは官邸からの政治的圧力,介入などは全くなかったと言いたげな説明であるが,こんな見え透いた説明を誰が信じると思っているのか。新聞報道によると,このたびの措置を官邸内で主導していたのはこの仙石という人間であることが示唆されている。国益を著しく害するこのような措置について,全てを那覇地検のせいにし,政権としては全くタッチしていないかのようなこの者の説明は,極めて卑怯であり,責任回避的であり,領土という国益を背負っているという自覚に欠けているものと言わざるを得ない。

 

 刑事訴訟法248条には「犯人の性格,年齢及び境遇,犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときは,公訴を提起しないことができる。」と規定されている。これはいわゆる起訴便宜主義の考え方で,検察官には起訴・不起訴については一定の裁量権が与えられていることが示されているのである。弁護士出身である仙石という者は今回の処理について,実際には「政治主導」で事実上介入しておきながら,那覇地検がその裁量により「日中関係を考慮した」としても,この起訴便宜主義の建前で説明がつくと考えたのであろう。しかし,「日中関係を考慮する」などということは高度に政治的な判断なのであって,犯人に前科・前歴があるとか,反省しているとか,示談が成立しているとかの考慮要素とは全くその性質を異にしており,選挙を通して国民に直接責任を負ってはいない検察庁がなし得ることではない。この仙石という人が「検察庁の判断を了とする」と見え透いたコメントをした時には心底怒りに震えた。

 

 民主党政権は,先月には歴史的にも将来の汚点となる「菅談話」なるものを不当にも発表した。その内容は本当に問題点だらけである。この「菅談話」なるものを官邸で強引に推進したのがこの仙石という人間であると言われている。またこの「菅談話」なるものの中には,自分の個人的思い入れのある「在サハリン韓国人支援問題」もねじ込んでいる。印象的には,とぼけ,薄ら笑い,他人を見下した態度も鼻につく。またこの人は,何かを例えるのに「文化大革命」という言葉をよく使い,その文脈からすればあたかも中国の文化大革命を積極的に評価しているかのようである。あの酸鼻を極めた殺戮と暴力,粛清が繰り返された文化大革命を。この仙石という人間はいったいどこの国の政府の官房長官なのだと言いたくなる。本当は便衣兵(隊)なのではないかと思えてくる。
(とうてい怒りが収まらないので,続く)

ブログ内検索

カレンダー

2010年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー


PAGE TOP