名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料電話法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2010/03/12

[カテゴリ]

 

 早朝や夜は,やはりコートなしでは外は歩けない。寒の戻りというのであろうか。一度はもうコートはいらないなと思ったのに。雨が降ったり,寒が戻ったりしながらだんだんと春を迎えるのですね。

 

 さて,昨年8月末の衆議院議員総選挙で国民は民主党に308議席も与え,大勝させた。大いに期待をしていたのであろう。でも率直なところ,今ではみんなどう思っているのであろうか。もうそろそろ民主党の本質やこの党を構成する議員の資質,支持母体の究極目標などに気づいてもよさそうなのに。そして,鳩山由紀夫という人はそもそも総理大臣などになるべき人ではなかったということに,ぼちぼち,あるいは少なくともうすうす気づいているのではないか。

 

 この鳩山という人は,ついさきごろまでは朝鮮総連の指導下にある各種学校,朝鮮学校を高校授業料無償化の対象には含めないという趣旨のことを述べていたにもかかわらず,今度は一転してその対象に含める方向で検討するに至っている。このような学校内でどのような教育が行われているのかは,産経新聞の報道に詳しく書かれている。鳩山という人の「耐えられないほどの言葉の軽さ」である。言っていることがコロコロ変わるのである。また,この鳩山という人は,米軍海兵隊普天間基地移設問題を5月末までに解決すると豪語しているが,記者団からそれができなかったら退陣する覚悟があるかという質問に,「当然のことながら,一つ一つの政策の実現に向けて覚悟を持って臨む。当たり前の話だ。」と述べた。ところがその舌の根の乾かぬうちに,自民党の大島幹事長の同趣旨の質問,要求に対し,今度はこの鳩山という人は,「進退をかけるとか,野党の挑発に乗るつもりは全くない。」と答え,退陣や進退をかけるという意味ではないと事実上前言を翻している。所詮この人の「覚悟」とはその程度のものである。

 

 この人の言葉や行動の「ブレ」は今に始まったことではなく,もはや天性のものであろうし,いま正に佳境に入っており,宴たけなわなのではなかろうか。昨日の記者の質問に対してこの人は,「物質の本質は『揺らぎ』。多くの意見を聞いて大事にする過程で,揺らぎの中で本質を見極めていくのが宇宙の真理ではないか。」などと述べたという。このような「揺らぎ」の中で,現在の日本にとって安全保障上不可欠となっている同盟関係に取り返しのつかない事態が生じてしまったらどう責任を取るのか。「揺らぎ」などの科学用語で自己を正当化しているが,要するに定見がないだけだし,首相に要求される資質,能力がないだけなのである。余談だが,新聞報道によると,この人が公邸に引っ越す際にかかった公費の額は約700万円であり,歴代の首相の中でもダントツの金食い虫のようである(笑)。その仕事のしなさ振りといい,約9億円の母親からの「子ども手当」をめぐる脱税もどきといい,国益への反し振りといい,定見の無さといい,サッカーで言えばもはやレッドカード(退場)であろう。

ブログ内検索

カレンダー

2010年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー


PAGE TOP