名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談予約受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2009/07/30

[カテゴリ]

 

 今度の衆議院議員総選挙の投票日は8月30日だから,もうあと1か月である。前回の総選挙では,小泉元首相率いる自民党が,ほとんど「郵政民営化」の可否のみを争点として大勝した。早いものであれからもう4年が経った。

 

 前回の選挙時でも,本当のところは年金,医療などのセーフティネットの問題,教育の問題,安全保障の問題など,国家の存立や国民生活に直結する重要問題が山積していたにもかかわらず,総選挙は,いわゆる「小泉劇場」がクローズアップされた。僕が疑問に思っているのは,何も自民党が大勝したからではない。選挙の際のマスコミの取り上げ方が非常に皮相的で,浅薄で,あたかもマスコミこそ衆愚政治の元凶のような存在だったからである。

 

 小泉元首相は,「官から民へ」,「民にできることは民で」,「聖域なき構造改革」,「抵抗勢力」など,一般市民の耳に残りやすいワンフレーズを連発し(いわゆるワン・フレーズ・ポリティックス),マスコミも競って「小泉劇場」を演出した。マスコミは,「抵抗勢力」とそこに送られた刺客とのバトルをおもしろ可笑しく報道し,ホリエモンやその他の有名人を中心にスポットライトを当てた。政策の中身などは二の次だ。国民もそれに乗せられて,「改革」はいいに決まっているではないかといったような感じで,何やらイメージで投票してしまった嫌いはないのか。挙げ句には,「小泉チルドレン」まで多数誕生してしまった(くどいようだが,僕は何も自民党が大勝したことに不満をもっているのではない)。

 

 今回の選挙では,マスコミは,政権選択選挙,政権交代などという言葉を連発している。それに,もう政権交代が前提となっているかのようなマスコミの記事もある。マスコミにお願いしたいのは,あまり偏ることなく,個々の候補者も大事だが,くれぐれも各政党の政策内容(財源確保の問題を含む)を国民に分かりやすく伝えるようにして欲しい。総選挙は,国家の根幹にかかわる重大事だ。また,何よりも選挙民自身が選良のため,熟慮しなければならない。政策内容もそうだし,各政党にはどのような人たちがいて,どのような考えをもって行動しているのかについても貪欲に情報収集しなければならない。例えば,こういう政権になったら,恐らくこういったような法案が次々に提出され,立法化されちゃうのではないかなー,なんていう想像力をたくましくすべきなんじゃ,ないでしょうか。くれぐれもイメージで投票するようなことは避けなければならないと思うんでやんす。

 

 いずれにしても,これからは,来し方行く末をじっくりと考える1か月である。

ブログ内検索

カレンダー

2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー


PAGE TOP