名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談予約受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2009/07/07

[カテゴリ]

 

 新聞の書評欄を見ていたら,「宮本常一が撮った昭和の情景 上下」(宮本常一著,毎日新聞社)というのがあった。今は亡き民俗学者宮本常一が,行く先々で昭和の日本の有様を26年間にわたって写真撮影したものの中から選りすぐったものだという。書評を書いた思想史家田中純氏は,「昭和の農村・漁村・山村の景観や人々を記録した魅力的な写真の数々が、入手しやすい形で書籍化されたことを心から喜びたい。」,「・・・・・この切ない懐かしさはどこからやってくるのだろう。」などと述べている。宮本常一自身も,「忘れてはいけないというものをとっただけである。」と述懐している。

 

 僕は昭和生まれで,いつも懐かしい昭和に逢いたいと思っている。ノスタルジーを感じるのである。ノスタルジーという言葉にもいろいろな意味があるが,僕のいうノスタルジーとは,過ぎ去った時代を懐かしむ気持ちのことである。是非ともこの宮本常一が撮影した写真集を入手し,軽くお酒などを飲みながら楽しみたいと思った。

 

 また,懐かしい昭和で思い出したが,以前僕は,牛山隆信さんが監修した「秘境駅へ行こう」という面白い番組を見ていたことがある。時間とお金さえあったら,日本全国のとっておきの秘境駅をいつか巡ってみたいと憧れていた。この牛山隆信さんという人は,まだそんなに年でもないのに,顔自体が全く飾り気がなく素朴な「秘境」のような顔をしていて,非常に好感がもてる。彼の企画は,日本全国の秘境駅を,①秘境度,②雰囲気,③列車到達難易度,④車到達難易度の4項目において5段階評価をし,ランキングするというものである。

 

 この番組自体も相当に面白かったが,牛山さんの「秘境駅へ行こう!」(小学館文庫)という本もいずれ読んで,どこかの興味深い秘境駅に旅し,懐かしい昭和に逢いに行きたいと思っている。

ブログ内検索

カレンダー

2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー


PAGE TOP