名古屋の無料法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料電話
法律相談
無料面談
法律相談
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2020/07/23

[カテゴリ]

 

 

今年は秋刀魚が極度の不漁で,1匹5980円などといった嘘のようなネットのニュースに愕然としましたが,幸いなことに今年は鰻の方は豊漁のようです。ありがたいです。

 

土用の丑の日も過ぎましたので,昨日はうちのカミさんと鰻を食べに行こうとしました。うちのカミさんも鰻を食べる時は体全体で幸福感を表します(笑)。しかし私は,世の中を甘く見すぎていました。その店は三河一色産の美味しい鰻を食べさせてくれるお店なのですが,予約というものをしていませんでした。

 

たった2人だから何とかなると高をくくっていたのですね。そうしたらその日は満席で,お持ち帰り(テイクアウト)ならばできるとのこと。私もカミさんもその夜は鰻を食べるという思想で頭の中はいっぱいでしたから,もう引っ込みがつきません。結局40分以上も待たされて(他にも多くのテイクアウト客がいました。),鰻弁当(上)2つのお持ち帰りをし,自宅でゆっくりと味わったのでした。

 

先日の産経新聞の産経抄にも書いてあったのですが,土用の丑の日に鰻を食べる習慣の由来については,諸説あるようです。

 

「石麻呂(いしまろ)に われ物申す 夏痩(なつやせ)によしといふものぞ 鰻(むなぎ)捕り食(め)せ」

 

これは大伴家持が友人の健康を心配して詠んだ歌ですが,万葉集の時代から鰻は夏の滋養食として知られていました。ただ私は,鰻については蒲焼だと思っております。白焼きなどはあまりピンときません。大伴家持の時代はどんな調理法を採用していたのでしょうね。時代は下って1399年の「鈴鹿家記」に初めて蒲焼という言葉が登場するのですが,その当時も今見られるような醤油,砂糖,酒,みりんで焼く調理法ではなかったようで,そのような調理法が出現したのは江戸中期(1750年)以降のようです。いずれにしても私としては鰻は蒲焼に限ります。

 

そして友人に鰻を勧めた大伴家持は,愛国者でもあります。

 

「海行かば 水漬く屍 山行かば 草生す屍 大君の 辺にこそ死なめ かへり見は せじ」(賀陸奥国出金詔書歌)

 

中国共産党の私兵である人民解放軍は日本固有の領土である尖閣諸島を明らかに盗ろうとしています。南シナ海と同様,力の空白ができた瞬間に実行されるでしょう。中国は頻繁に領海侵犯を繰り返す,日本の漁船を追い回すなど傍若無人の振る舞いをエスカレートさせています。それに対し我が国の対応はおおよそ主権国家とは言い難いものです。「抗議する」,「毅然と対応する」などといった口先だけのコメントをただただ漫然と発表し続けるのみです。これまで抗議なるものが奏功してきたでしょうか。実際にやっていることに照らして,「毅然」といった言葉が軽すぎはしないでしょうか。日本政府は,いざという時は誰かが守ってくれると甚だしい勘違いをしているのでしょうか。自分の国を自分で守れないような国のために,他国の兵隊さんの親御さんが自分の若い息子の血を流させるでしょうか。

 

尖閣諸島周辺の海洋調査を実施したり,以前から言われてきたように船溜まりを造営したり,調査のために上陸したりして,この諸島の領有権が日本に帰属し,当然に施政権もあり,実効支配もなされているという実体を備えなければ始まらないのです。大伴家持がもし生きていたら,嘆かわしい現状をどのように感じたでしょうか。

ブログ内検索

カレンダー

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー


PAGE TOP