名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談予約受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2015/08/25

[カテゴリ]

         
 戦後70年の節目に,いわゆる安倍談話が出されましたね。全文を読みました。売国的な政治家村山富市が,戦後50年目の節目に自分の趣味や凝り固まった情念で出してしまったいわゆる村山談話の桎梏ともいうべき内容からどこまで脱却できるかと大いに期待したのですが,やはり自分としては残念でした。

 

 でも,そんな中にあって,やはり安倍晋三でしかなし得なかった表現もありました。さすがだなと評価できる部分が2箇所あったのです。これは評論家の櫻井よしこさんも産経新聞でいみじくも指摘されておりましたが,私も全く同感です。その2箇所というのは・・・。

 

 第1に,戦後の日本に対する世界の支援に深く感謝し,子や孫たちに「謝罪」を続ける運命を背負わせないように明記したことです。考えてみれば,いつまで経っても「謝罪せよ」,「歴史を忘れるな」などと連呼しまくっているのは,中国と韓国(北朝鮮)だけではないでしょうか。しかも彼らのいう歴史は歪曲されたプロパガンダです。確かに今回も「侵略」,「お詫び」という言葉が注目されていましたが,日本国民が反省している気持ちを十分に表しながら,外の声に押され,安易な謝罪の道をとらなかったことは,日本のため,世界のためにも建設的です。

 

 第2に,歴史を振り返って,植民地支配の波がアジアにも押し寄せていたことに触れ,「日露戦争は植民地支配のもとにあったアジア,アフリカの人々を勇気づけた」としました。歴代首相の中で,そういうことをこのように明確に述べた人がいたでしょうか。歴史の真実として,人類の歩みの中に日本もあったと確認したことは評価できます。日本が戦った戦争は,巨視的に観れば,冷厳な白人支配の現状を打破し,次々にアジア,アフリカ諸国の独立を生んだこともまた歴史の真実なのです。また,経済のブロック化(いわゆる「ABCD包囲網」など)が進み日本が孤立感を深めたという指摘は,歴史を学べば学ぶほどそこに近づく真実だと感じられます。このたびの安倍談話のこの部分は,戦後,あのマッカーサーがアメリカ上院の軍事外交合同委員会で「あの戦争は日本にとって概ね自衛のための戦争だった」という証言や,東京裁判におけるパール判事の洞察と同じ文脈です。安倍晋三の歴史観は,やはりGHQの戦後占領政策の目玉であったWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)という徹底した贖罪意識の植え込みに対する反骨を窺わせます。確かにこういう首相は今までにいなかった。

 

 「戦後70年(その1)」というタイトルでしたが,「その1」があるということは,少なくとも「その2」があるということです(笑)。

ブログ内検索

カレンダー

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー


PAGE TOP