名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談予約受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2013/02/07

[カテゴリ]

         
 私は株式投資などはしておりませんし,そんなお金はありません。でも,2月6日の日経平均株価は,416円83銭高の1万1463円75銭と大幅反発しました。終値ベースではリーマン・ショック以降の最高値を上回り,2008年の9月29日(終値は1万1743円61銭)以来の高値を付けました。

 

 こういう現象を目の当たりにしますと,約3年数か月続いた民主党政権の無能さが改めて浮き彫りになりますね(笑)。菅直人という人は,財務大臣でありながら,消費性向と乗数効果の違いすら分からないまま経済閣僚としての要職にあった訳ですから,本当に恐ろしいことです。国会で「市場が暗くなりますから,もうこの質問はやめにしますが。」などと自民党の林芳正議員に言われて,質問を打ち切られたという大臣だった訳ですよ。考えてみますれば,あの,あの,鳩山由紀夫という筆舌に尽くしがたい,度し難い人物が,この,この日本国の首相に据えられていたのですから,本当に背筋が凍るほど怖い状況だったのです。まるでホラー映画みたいです(爆笑)。私は本当に上手い名を付けるなあと,かねがね感心していた人に「辛酸なめ子」さんという漫画家,コラムニストがいるのですが,この悪夢のような民主党政権時代,愛すべき我が日本国と日本国民は,正に「辛酸をなめた」と言うべきでしょうね(笑)。

 

 それにしても,安倍政権,きゃーっ!素敵!

 

 ところで,私は,冒頭に述べた日経平均株価の高値は,あのデフレ放置の張本人,貧乏神の白川方明総裁の任期前辞任に市場が大きく反応したのだと思います。要するに,デフレ放置の貧乏神が退散したこと,そしてより大きな金融緩和がなされるという期待感,反応です(笑)。もちろん私は,アベノミクスが三本の矢で構成されているように,日銀だけがいくら金融緩和をしても,デフレ脱却のためにはやはりデフレギャップを埋めるべく,何より需要を創出し,そのためには政府財政出動が必要だったと思っています。そうでなければお金が下まで流れてきません。ですから,それまでの政府の責任も大きく,このたびようやく安倍政権が懸案のデフレ脱却に向けて大きな一歩を踏み出したといったところでしょう。

 

 実はね,私はね,この白川方明という日銀総裁が本当に嫌いだったのです。「国民がデフレに喘いでいたって,それが何か。」みたいな顔をしているでしょう。姑息で卑怯な感じがし,何かこう,日本を立ち直らせないようにしたい勢力から派遣されているかのような存在だったと思います。私は本当は次期日銀総裁には,学習院大学経済学部教授の岩田規久男先生になってもらいたいなー,と思っておりますが,岩田先生は,その著書の中で白川総裁のことを,「『デフレでも、デフレ・スパイラルが起きていなければ問題ない』と言い、『いまは、デフレか』と聞かれると、『デフレかどうかは定義の問題だ。03年と04年は消費者物価上昇率がマイナスでも景気はよかった』と言っていたその人が、政府に『デフレ宣言』を出されると、慌てて、『いまはデフレだ』と臆面もなく前言を撤回し,急遽、追加金融緩和策を打ち出す始末である。まるで、節操も,定見もない。」と厳しい評価を下しておられます(「日本銀行 デフレの番人」190頁,岩田規久男著,日経プレミアシリーズ)。そういえば日銀は,この総裁の時に,「デフレ-人口減少原因説」なる珍説を流布させてまでデフレ固定を図ろうとしましたからね。

 

 そして,本当に言いたいことはこのことなのですが,私がその早すぎる死を心から悼み,涙した故中川昭一代議士に関連し,どうしてもこの白川という人間を許せないのです。故中川昭一さんの例の記者会見の際に,この白川という男は何食わぬ涼しい顔で隣に座っておりました。身も凍るような冷淡さと悪意を感じたものです。あたかも中川氏の失脚を望んでいるかのように・・・。要するに,この白川という人には愛国心のかけらも感じられないのです。まあ,その辞任表明により,今後の期待感で市場が大いに反応し,株価が高値を付けたのですから,何よりです。

ブログ内検索

カレンダー

2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー


PAGE TOP