名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料電話法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2011/05/10

[カテゴリ]

 

 歩いていると少し汗ばんでしまう季節となりました。突然ですが,「政権交代の悪夢」(阿比留瑠比著,新潮新書)という本は,とても良い本ですね。いやー,本当に良い本です。ひいおじいちゃん,ひいおばあちゃんから,乳幼児まで,全ての日本国民は必読なのではないでしょうか。この本には「愚かすぎる政権の酷すぎる内幕」というコピーの帯カバーが付けられています。

 

 のど元過ぎれば熱さ忘れるといいますが,平成21年9月に民主党政権が成立してからの絶望的な状況を,この本は改めて克明に思い出させてくれます。最初の首相は誰でした?そうそう,鳩山由紀夫というとてつもなくルーピー(いかれている,愚かな,おかしい)人でしたね。この人は重要案件である米軍普天間飛行場問題について,自民党政権が苦労に苦労を重ねて同盟国(アメリカ)との間で結実させたロードマップ,すなわち2014年までに辺野古沖に移設するという合意,計画をぶちこわしてしまいました。社民党みたいな絶滅不危惧種(笑)との連立維持の方を,日米合意に優先させてしまいました。とんでもない判断です。平成21年末までには方針を決定すると言っておきながら,その年末には「年内までには決めない」ことを決めました(笑)。国の大切な案件を,翌年早々の名護市長選という一地方選挙の結果に委ねる愚を犯しました。鳩山というルーピーな人は,ようやく春になって沖縄を訪れ,その際には「学べば学ぶにつけて米軍海兵隊の抑止力に思い至った」などといった周りをあきれさせる趣旨の発言をしました。そして退陣し,次期衆議院議員選挙には出馬しないと言いながら,前言を翻して恬として恥じません。

 

 話が長くなるのを今日は避けますが,政権交代のあった年の末に,天皇陛下の習近平とかいう人物とのご引見に際しての小沢一郎の傲岸不遜な言動は心底はらわたが煮えくりかえりました。菅という次の首相の体たらくはご承知のとおりです。昨年秋の尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐる屈辱的な外交がありました。パフォーマンスばかりを繰り返し,全く機能しない対策本部やチームなどを20以上も作り,一分一秒でも長く総理大臣でいたいだけの俗物です。傲岸不遜といえば,「赤い官房長官」仙谷由人の言動もまさに「法匪」の行いでした。

 

 民主党なる政権は,本当に愚かで酷すぎるのです。安倍晋三元首相が表現したように,「史上まれにみる陰湿な左翼政権」なのだと思います。この「政権交代の悪夢」(阿比留瑠比著,新潮新書)という本は,平成21年9月に民主党政権が成立してからの絶望的な状況を,改めて克明に思い出させてくれます。国民はそういった経過をたどったことを決して忘れてはいけないのです。異常の中に長く置かれると,それに慣れてしまってそれを概ね正常なものと錯覚してしまう傾向があり,とても怖いと思います。民主党政権は,この本の帯カバーに記載されたコピーどおり,「愚かすぎる政権」であり「酷すぎる内幕」がてんこ盛りだと思います。

ブログ内検索

カレンダー

2011年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー


PAGE TOP