名古屋の無料法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料電話
法律相談
無料面談
法律相談
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2010/10/15

[カテゴリ]

 

 今年のノーベル平和賞は中国の民主活動家劉暁波氏に与えられた。気になっていただけに,思わず快哉を叫んだ。中国共産党は厚顔無恥にも,ノルウェーのノーベル賞委員会に対し,自国に不利になるような人間に賞を授与しないよう政治的な圧力をかけ続けてきた。今回ノルウェーのノーベル賞委員会はこれを見事にはねのけて授与を決定した。どこぞの政府の弱腰,主体性のなさとは大違いであり,主体的で毅然とした立派な態度である。

 

 しかし,中国ではこの受賞についてほとんど報道しておらず,国民の目に触れることを懸命に避けている。CNN,BBC,NHKなどがこのノーベル平和賞授与のニュースを報道するや否や,中国国内のテレビというテレビの画面が真っ暗になったシーンを見て,思わず笑ってしまった。報道の自由というものがない正に異形の国である。また中国は,この受賞決定後もノルウェー政府に圧力をかけ続けている。大使を呼びつけて強く抗議したり,政府高官同士の会談を相次いでキャンセルしたりなどなど・・・。自らの異形の姿を満天下にさらして,恥ずかしくはないのであろうか。

 

 一方,新聞報道によると,受賞者である劉暁波氏の配偶者である劉霞氏は中国政府によって軟禁状態におかれている。家族が彼女に電話をしても通じないし,彼女が外部の者と接触することも近所に買い物に行くことも禁じている。中国政府はさらに,彼女が受賞者である夫の代わりに受賞式典に臨むことも認めないと発表した。いやはや凄い国である。ラルフ・タウンゼントの本ではないが正に「暗黒大陸」である。とにかく受賞者である劉暁波氏は,いわゆる「08憲章」という民主主義国家の価値観では当たり前の憲章を作成するなど民主化運動をしたに過ぎないのに,「国家政権転覆扇動罪」でなんと懲役11年の実刑判決を受けて実際に服役しているのである。完全に人権が蹂躙されている。

 

 それにしても思うのは,中国共産党一党独裁体制はもはやかなりその維持が厳しくなっているのではないかということである。中国共産党があれだけ年8%の経済成長の維持にこだわっているのは,それを下回ると十分な雇用が確保できず,失業者があふれて社会不安がいっそう増す懸念があるからだろう。また,そのジニ係数が示すように貧富の格差はすさまじく,年間10万件にも上る暴動の発生,役人の汚職などがはびこり,民衆の不満は地下で渦巻くマグマのようになっているため,内外で発生する諸事象に関する正確な情報をとてもそのまま国民には伝えられないのであろう。中国を脱出してアメリカに渡った何清蓮という人が書いた「中国の嘘」(扶桑社)という本には,中国政府,中国共産党が国民に対して嘘をつき続けている実態が詳細に論じられている。この本は,やはり同女史が書いた「中国現代化の落とし穴-噴火口上の中国」(草思社)という本と並んで大変参考になる本である。

 

 

ブログ内検索

カレンダー

2010年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー


PAGE TOP