名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料電話法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2010/06/15

[カテゴリ]

 

 日本が打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ」が,約7年間の宇宙の旅を終えて地球に帰還し,最終任務であったカプセルをもたらした。これは世界的な偉業なのである。この「はやぶさ」は,エンジンの故障や通信途絶などの艱難辛苦を乗り越えて,60億キロメートルもの距離を進み,決して諦めることなく地球帰還を目指し,それこそ満身創痍の状態で大気圏に突入し,自らの身は燃え尽き,最終任務であったカプセルを落下予定地にもたらしたのである。しかもこの「はやぶさ」は,計画どおり,大気圏に突入する前の時点で生まれ故郷である地球の姿を撮影することにも成功している。「はやぶさ」がその任務どおりに地球を撮影した映像を見て,じーんと胸が熱くなった。

 

 この「はやぶさ」の打ち上げから大気圏突入時に燃え尽きるまでの行動,途中で数々のトラブルに見舞われながらもそれを乗り越えて任務を完遂した事実を知れば,僕としてはどうしても「はやぶさ」を擬人化してとらえてしまうのである。擬人化してとらえた場合,「はやぶさ」はまことの武士であったと思う。国,そして生みの親である宇宙航空研究開発機構(JAXA)に対する忠義,自己犠牲を伴う任務遂行,散り際の潔さ,正に武士道精神である。

 

 「はやぶさ」がもたらしてくれたカプセルに,小惑星「イトカワ」の土壌(砂ぼこりでもいい)が含まれていれば,月以外の天体からの土壌試料回収も世界初の快挙となる。仮にそれが含まれていなくても,今回の様々な経験は今後の日本の宇宙開発研究の意義ある一里塚となろう。

 

 しかしながら,現在のところ,この「はやぶさ」の後継機の開発については,かの民主党政権が事業仕分けによりその予算を最終的には3000万円ほどに削減してしまい(前政権時における概算要求額は17億円),目処が立たない状況になっているようである。このような研究分野は,数年で研究成果が出るというものではなく,基礎科学の土台の上で,それなりの予算を背景に,長年の地道な努力の積み重ねにより花開くものなのである。民主党の事業仕分け人のように,何の資格があってか知らないが,やみくもにバサバサッと予算を切ってしまうようなことを続けていれば,宇宙開発を含む科学技術分野の研究は回復しがたい遅れを来すことになりかねない。子供手当て(現制度では要件さえ具備すれば外国に住む子供にも支給される)や高速道路無償化などのバラマキ政策のしわ寄せを食ってよい訳がない。まことの武士であった「はやぶさ」の偉業を今後に生かさなければならない。

ブログ内検索

カレンダー

2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー


PAGE TOP