名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料電話法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2010/06/10

[カテゴリ]

 

 本日は,「です。ます。」の口調でいきます。思い起こせば,鳩山由紀夫元首相がその地位にいた約8か月半というものは,国内外に恥をさらし,はなはだしく国益を害してしまいました。虚心坦懐に現実を見ると,この人が日本国の首相であったこと自体が正に「国難」だったという「思い」をもっておりました(笑)。

 

 一方,菅新内閣が発足し,新聞報道によると発足時の内閣支持率は64パーセントにまでV字回復したといいます。でもねぇ・・・。それじゃあ,ようやく国難が去ったのかというと僕には到底そうは思えません。国難はあいかわらず続いていると思います。ひとことで言うと,民主党政権が続いている限りは国難は続くと確信しているのであります(笑)。そりゃ確かに,記者会見などでの受け答えという観点から新旧両総理を比較したら,新総理の方が一応まともに見えます。しかし,国の政治というものはその時々の首相個人のみで決まるのではなく,最終的には政権を担当する政党(民主党)の政策目的の達成,政策の実現という形で動いていきます。

 

 具体的には,民主党の掲げるマニフェスト,その背後に隠れてしまっている政策集(インデックス),さらにはその背後に隠れてしまっている支持団体(日教組や自治労など),さらにはその背後に隠れてしまっている左翼思想,自虐史観などなど。これらの人たちや思想,政策の実現に向かっていくのですから,民主党政権が続く限りは国難は続くのであります。よく考えてみれば,民主党には普通はどの政党にもある綱領というものがありません。要するに国の在り方というものをどのように捉え,どういう方向にもっていこうとするのかについての確固たる礎(いしずえ)がないのです。だから「コンクリートから人へ」,「友愛」,「命を守りたい」,「新しい公共」などといったその内包と外延が全く分からない抽象的なスローガンしか掲げられないのだと思います。さきほど,「背後」という言葉を連発しましたが,民主党は,実際には永住外国人の地方参政権付与法案,選択的夫婦別姓法案などを提出し,実現しようとしているにもかかわらず,国民的な議論がわき起こってしまうのを恐れてか,わざとマニフェストからは外しています。菅新首相を含め,民主党の上層部にはこれらの法案成立に極めて積極的な人が多いし,最終的にはその実現を目指しているのにです。卑怯というか恐怖感を覚えます。

 

 それにしても僕がさらに恐怖を覚えるのは,イメージだけで雪崩を打ってしまうかのような有権者の軽過ぎる反応です。「V字回復」だと(爆笑)。僕を含め,衆愚政治の衆愚になってはならないと切に思います。

ブログ内検索

カレンダー

2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー


PAGE TOP