名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料電話法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2010/06/02

[カテゴリ]

 

 「選良」という言葉は,国語辞典などによると,「選ばれたすぐれた人物。特に,国会議員をさす。」とある。しかし,最近の政治がらみの様々なニュースを見聞きしたり,政治家の言動を見ていると,選良のこの定義に当てはまるような人にはなかなかお目にかかれない。選良という言葉が死語になりつつあるのではないかとさえ思う。

 

 民主党衆議院議員の三宅雪子という人は,平成22年5月12日,民主党などによる強行採決の際,その委員会の委員でもないし審議権もないのに,その議場に乱入した後,室内で転倒した。彼女が言うには野党議員から押されて転倒したということのようだが,動画を何回見てもわざと転んだとしか言いようがない。転倒直前の彼女の表情は「転倒」すべき時期の頃合いをはかっているようであるし,野党議員からは接触されてもいないようである。挙げ句に車椅子に乗ったり,松葉杖を使用したりのパフォーマンス。見ているこちらの方が恥ずかしくなるくらいである。彼女のこういう行為は,サッカーで言えばシミュレーションに当たり,イエローカードか場合によってはレッドカード(一発退場)ものである。

 

 民主党衆議院議員の辻恵という人は,平成22年5月26日,同党の小沢幹事長の政治資金規正法違反事件について審査している検察審査会事務局に自分及びその秘書が電話をし,議員会館の事務所に来て説明するように呼びつけた。2つの検察審査会事務局がこれに応じなかったのは当然であるが,彼のこのような言動が公正を期すべき検察審査事務に対する事実上の圧力になるという認識すらない。この人間は,このような電話をしたことを当初は否定していたが,数日経ってしぶしぶその事実を認めた。卑怯である。またこの人間は,かつてはいわゆる日歯連闇献金事件に関し,検察が故橋本龍太郎氏ら自民党議員を不起訴としたことに対して検察審査会に審査を申し立て,「不起訴不当」の議決をしたことを大いに評価したことがあった。ところが今度は,自己が属する民主党の小沢幹事長の件について検察審査会が「起訴相当」の議決をするやいなや,今度は「司法のあり方を検証・提言する議員連盟」事務局長に就任して検察審査会制度の在り方を見直す方向で動き出している。まことに節操がないし,ご都合主義の極みである。

 

 その他のいわゆる小沢チルドレンや小沢ガールズなどと称される手合いの資質,能力面に対する疑問は底なしである。今度の参議院議員選挙においても,スポーツ選手や芸能人などの有名人候補者が目白押しである。これらの人たちの全てに問題があるというつもりはないが,「さくらパパ」じゃないけど(笑),少なくともその先輩方の中に議員として期待される十分な勉強をし,汗をかき,立派な業績を残した人がいるかというと,残念ながらすぐには思い至らないのである。「選良」という言葉がだんだんと死語になりつつある。

ブログ内検索

カレンダー

2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー


PAGE TOP