名古屋の無料法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料電話
法律相談
無料面談
法律相談
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2009/01/22

[カテゴリ]

 僕は,健康管理のために(ストレス解消ともいう),最低でも週1回はトレーニングジムに通っている。でも,先日そのジムで,心理的に非常に微妙な目に遭った。

 

 ジムではいろんなことをやるが,必ずやるのが約40分間の有酸素運動で,それはトレッドミルといってベルトコンベアーのような物の上で早歩きをするのである。その日も「さあ,やるぞ!」とやる気満々で始めた。そのジムはトレッドミルの機械が20~25台くらいはあるのだが,その日は結構混んでいた。僕が始めて30分ほど経った時,たまたま僕の隣が空いて若い男性が来てその台に乗っかったのだが,なかなか始めようとしない。変だなと思って後ろを振り返ったら,何と,彼の彼女らしい若い女性も立っていたのである。そう,彼らは連席で仲良くトレーニングをしたかったようで,僕が終わるか,あるいは一つ隔てて僕の向こう側で早歩きしているオッサンのどちらかが終わるのを虎視眈々と待っていたのである。あーぁ,いやーな感じ。ハイエナかハゲタカが今にも死にそうな獲物が死ぬのを待っているような感じなのである。

 

 でも,僕としても,いつもの通りあと10分くらいは続けたい。そこで,僕の頭の中では,僕の可愛い脳細胞ちゃんたちの臨時議会が招集され,いつもより10分早めて終了し,このうら若いカップルに譲るべきかどうかが審議され始めた。重苦しいけど誠実な審議の結果,「メタボたちが一生懸命に努力しているこの神聖な場所で,色恋沙汰を持ち込むべきではない」という意見が大勢を占め,決して譲るべきではないという議決がなされたのである。それに,向こう側のオッサンもそのうち終わってくれるだろうという楽観的な観測もあった。

 

 このようにして,僕は決然としていつもどおり約40分間の早歩きを続行したのである。でも,その間,いつもはその負荷で脈拍数は108前後なのに,その間は115くらいになり,彼らに「待たれていた」情況が僕の心理に多大の影響を与えていたことは否めない(しゃくに障る。)。それはともかくとして,約40分間が経過しても,何故か僕の体は夢遊病者のようにそのまま動き,早歩きを続けてしまったのである。向こう側のオッサンはというと,水分を補給しながらますますやる気満々で止める気配が全くないのである。そうこうしているうちに,かのうら若きカップルは,ようやく連席で仲良くトレーニングできる場所を見つけ,移動していった。

 

 結局,僕はいつもより約5分間余分に早歩きをやってしまった。思えば,約10分間続行した時間帯は正論を貫きとおしたと評価できるが,余分な5分間は一体何だったのだろうか。それは,虚心坦懐に振り返れば,嫉妬心以外の何ものでもなかっただろう。向こう側のオッサンも僕とほぼ同時に終了したことからすれば,彼も同じく嫉妬心をメラメラと燃やし続けていたに違いない。件のカップルの様子を見ると,案の定,イチャイチャしながら,談笑しながら走っていた。その姿を見て,自分のやったことは決して間違ってはいなかったと言い聞かせ,ジムを後にした(なお,念のために言うと,僕はメタボではない。)。

ブログ内検索

カレンダー

2009年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー


PAGE TOP