名古屋の無料法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料電話
法律相談
無料面談
法律相談
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2009/01/21

[カテゴリ]

 今回は,今思い出しても胸キュンの甘酸っぱい体験が含まれている。

 

 中学2年生になっても,音楽的な趣味はショパンの作品が中心だったものの,そのほかにもクラシック音楽ならば食わず嫌いをせずに何でも聴いていた。ただ,自分の小遣いも限られていたので,そうそうレコードが買えるはずもなく,所有のレコードを聴く以外には主にラジオが頼りだった。その当時,NHKラジオで,深夜11時ころから「夜のしらべ」という番組をやっており(確か,平日のみだったと思う),これが毎晩楽しみだった。3,40分くらいの短い番組だったが,クラッシックの名曲(小品)を幅広く聴くことができた。

 

 実は,僕はこの「夜のしらべ」のテーマ音楽が好きだった。オリジナルの曲だったらともかくとして,クラシック音楽の一部だったとしたら,一体全体何ていう曲なんだろうと思っていた。いい曲だな,何ていう曲なんだろうと思いつつも,正式曲名を知ることができない悶々とした体験をしたことはないだろうか。結局,この「夜のしらべ」という番組はその後数年経って終了してしまったので,テーマ音楽として流れていた曲も知らずじまい。でも,今から数年前,ひょんなことからとうとうその曲名を知ることができたのである。それは,ロシアの作曲家ボロディンの弦楽四重奏曲第2番の第3楽章「夜想曲」だったのだ。そして,「夜のしらべ」で流されていたのは,ユージン・オーマンディー指揮(とすればフィラデルフィア管弦楽団か)の弦楽合奏編曲版だったようだ。これはいい曲だ。大好き。このボロディンという人は,例えば,歌劇「イーゴリ公」の中の「ダッタン人の踊り」とかいった,何かしら印象に残るメロディーメーカーだ。

 

 さて,僕のいた中学校は,隣の学区にあった中学校と共にマンモス化していたため,僕が中学3年生に進級する年に,それぞれの中学校生徒の一部ずつから移動させて新設校を作ることになってしまった。ちょうど僕の住所は新設校に移動せざるを得ない位置にあったので,2年間を一緒に過ごした友達の多くとお別れをしなければならなくなったのだ。中学2年生の時,同じクラスにWYさんという女の子がいて,実は僕はこの子が好きだった。色白,小顔,清楚な感じで,本当に気持ちの優しい子だった。まぁ,僕はその当時から奥手であり,誇り高いというか小心者というか傷つくの嫌というか,そういう性分だったから,告白するなんてことは全然考えず,胸に秘めて憧れていただけだった。

 

 お別れの時,胸キュンの出来事があった。何と,憧れのそのWYさんが,思いがけず僕に,餞別というかお別れの品として,ショパンの練習曲集(エチュード)の分厚い楽譜(全音楽譜出版社から出ていたやつ)をプレゼントしてくれたのである。僕がショパンのエチュードを弾くことができると思われていたのだとしたら,相当に買いかぶられちゃったという感じだが(非常に恥ずかしい),本当に嬉しかった。嬉しすぎて,数日間ふぬけの状態,ボーッとした状態になった。今もこのことを思い出すと胸がキュンとなるし,その分厚い楽譜は今も大切にしまってある(でも,僕には難しすぎて弾けない。)。

ブログ内検索

カレンダー

2009年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー


PAGE TOP