名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談予約受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2016/12/30

[カテゴリ]

 

歯の治療を嫌がり,先送りにしているとろくな事がありません(笑)。この顛末を話せば相当長くなってしまいますが,皆さん年末でお忙しいことでしょうし,かいつまんでお話しします。

 

今年はリオデジャネイロ五輪の年でしたが,今を遡ること約4年前の確かロンドン五輪のころだったと思います。私の右上の奥歯2本の歯は金歯で繋がっていたのですが,朝食の時に「ポロッ!」と取れてしまいました。

 

「まあ,左側の歯でもちゃんと噛むことはできるし,歯医者さんにはそのうち気が向いた時に行けばいいや。」と悪心を起こし(笑),そのまま歯の治療を先送りにしていました。咀嚼するには大切な右上の奥歯(2本)でしたが,左側の歯だけでも食べ物の咀嚼はちゃんとできていたのです。

 

しかし,先送りにするにしても限度というものがあるのに,私としたら約3年もの長期間,左側の歯だけで咀嚼するという信じられないほどの横着をし,ずーっとそのまま左側の歯だけで噛んでいたのです。そして,あろうことか取れてしまった右上奥歯2本の金歯も紛失するという罰当たりなこともしておりました(笑)。

 

私の行きつけの歯医者さんはとても有能で,お人柄も良く,何にも不満はありませんでしたが,なにしろ歯医者さんでの治療には「痛いことされるんじゃないかしら。」という漠然とした恐怖感と,あの「キーン」という歯を削る感じが何とも嫌で,嫌で,忙しさにかまけてそのままにしていたのです。

 

しかし,しかしですよ・・・,3年ほどした後,酷使していた左側の下の奥歯2本が次第に痛むようになってしまったのです。無理もありません,そんな長期間にわたって片方の歯だけで咀嚼するというバランスの悪いことを続けたのですから,左側の下の奥歯2本も悲鳴を上げるはずです。ようやく3年ほど経った後に,行きつけの歯医者さんに行って診察を受けたところ,酷使していた左下の奥歯2本は,いい歳をしてむし歯になっていたのです(泣)。当然のことながら2本のむし歯については,あの痛みを伴う恐怖の神経処置をしなければならず,挙げ句に,その周辺にあった巨大な親知らずも抜かなければいけないという非情な診断を受けたのです。

 

この非常に困難な一連の治療については,大病院でなければダメだということで,紹介状を書いていただき,今年の春頃,別のその大病院で治療等を受けるハメになったのです。むし歯2本の神経処置,そして巨大な親知らずの抜歯・・・。苦難と恐怖の連続でした。親知らずを抜いた後は3日ほどほっぺたが腫れたままでした。

 

そして,その大病院と行きつけの歯医者さんで歯を削って形を整え,ようやく今年の11月末に左右両方の歯でバランス良く食べ物を咀嚼できるようになったのです。このように左右でバランス良く咀嚼できるようになったのは,4年ぶりでした。もとはと言えば,歯科治療を先送りしてきた私自身の自業自得です。すべては私が悪いんです・・・(笑)。

 

でも,今年の年末は両方の歯で「噛める喜び」を満喫しております(笑)。くどいようですが,4年ぶりにその喜びを,文字通り「噛みしめて」おります。

 

今年の年末年始は,美酒を傍らに置いて,おせち料理を満喫するぞ!ロンドン五輪以来だーっ!(笑)

 

さてさて,今年も暮れようとしております。皆様のおかげで,不肖私めも良いお正月を迎えることができそうです。それに稲田朋美防衛大臣もちゃんと靖国参拝をされましたし,もう何も言う事はございません(笑)。今年は,やはりとにかく忙しくてなかなかブログの更新ができませんでしたが,どうやらこのようなブログでも楽しみにしてくれている根強いファンもいらっしゃるようです(笑)。来年こそはもっともっとブログの更新回数を増やしたいと思います。

 

それでは皆様,良いお年を!

ブログ内検索

カレンダー

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー


PAGE TOP