名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料電話法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2012/08/02

[カテゴリ]

 

 オリンピックにおける柔道という競技では,私は日本人選手の金メダルラッシュを大いに期待していたのですが,現状ではこれは無理なようです。とても残念ですが・・・。

 

 ところで,一視聴者としての負け犬の遠吠えのように聞こえるかも知れませんが,現在のオリンピックにおける柔道には,私は最近ようやく違和感を覚えるようになってしまいました。柔道は「道」ですから,礼に始まり礼に終わるはずですが,特に外国人選手のおざなりな一礼の仕方が目に付きます。せめて体を静止させた上で一礼して欲しい。また,畳を去るときに一礼もしない選手がおります。柔道着が完全に帯から遊離し,ブラブラさせたままで見苦しく試合を続けています(一説によると組み手の段階で有利になるように,わざと帯をゆるく締めて柔道着をブラブラさせる「戦術」もあるそうです)。勝利が決まった瞬間,とても派手なガッツポーズを作ったりします。そこには敗者に対する敬意,また武士道でいう「惻隠の情」はありません。技を掛けられまいと,極端な腰引きの防禦姿勢を取りがちな選手もおります。それと,青い柔道着はとても好きにはなれません。柔道着はやはり双方白色で,あとは帯の色で区別すればよいではありませんか。

 

 また,前回の北京オリンピックなどでは中国人選手などが頻繁に見せたようなタックルめいた動作(いきなり相手の足を刈りに行く)は見ていて見苦しく,そんなのは柔道ではありません。さすがに今回のオリンピックではこれは反則とされましたが・・・。組み手を争いを見ていると,本当にボクシングか何かではないかと思えるような動作です。柔道というのは,当然私も素人ですから詳しくはありませんが,「組み手」をした後,「崩し」と「体捌き」を巧みに進め,最後に美しい一本に持っていくのが醍醐味ではないでしょうか。私が小中学生の時にテレビで見て感動した日本の柔道というものは,やはりそういうものでした。

 

 ところが,普段から私がいかがわしく思っているいわゆるグローバリズムというやつなのでしょうかね,日本の柔道がルール面で相当に「国際的」に変容され,オリンピックで見せられるものは,もはや「柔道」ではなく「JUDO」という特殊なスポーツの一つに成り下がってしまったのでしょう。そう思います。礼節も,美しさも,柔道本来がもつ醍醐味も失われつつあります。日本の柔道がオリンピック種目になっているというのは,誇らしくもありますが,それによって本来の「柔道」が失ったもの,変容を余儀なくされたものがあると思います。勝利した瞬間,人目を憚らず派手なガッツポーズをするような柔道家は昔の日本には一人もおりません。

 

 これまでは,オリンピックの柔道というのはこういうものなんだと何気なくテレビを見ながら過ごしてきましたが,今回のロンドンオリンピックでの柔道の試合を見ていて,ようやく最近になってはっきりとした違和感を覚えるようになってしまいました。これは「柔道」ではなく「JUDO」だと。

 

 ただいずれにしても,オリンピックの競技種目として「JUDO」があり続ける以上は,やはり我が日本人選手は絶えず金メダルを目指さなければなりません。これだけ体重による階級別があるのに,金メダル1個では・・。もちろん他のメダルに輝いた選手の活躍は大いに称賛されるべきですが,やはり優勝が欲しい。

 

 史上最強の柔道家,木村政彦先生,何とかしてください!

ブログ内検索

カレンダー

2012年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー


PAGE TOP