名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談予約受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2011/06/01

[カテゴリ]

 

 いよいよ菅内閣に対する不信任案が提出される運びになりましたね。この未曾有の国難に対して,敢然と,有効かつ適切に対処すべき政権担当者が,あろうことか菅内閣であるとは・・・。正にそれこそ国難です。私はそう言ってきました。この国難を乗り越えるには,そしてこの国を守り,見事な復興を果たすためには,しかるべき能力とスタッフと覚悟を備えた方々でなければならないと思います。だから菅内閣は一刻も早く退場していただかなければなりません。それが国のためです。

 

 でも,自分の胸に手を当ててよくよく考えてみますと,今述べたような結論を導き出す理由は本当にそれだけなのか,実は他にも理由があるのではないかということです。そして冷静になって考えてみますと,国のためという理由があるのはもちろんですが,実は菅直人という人間そのものが心底嫌いなのではないか,ということに思い至ったのであります。うん,そうだ,心底嫌いなのだ,嫌悪感があるということに気づきました。

 

 以下,菅直人という人のことを彼と呼びますが,私は新聞か何かで読んだのですが,彼の周辺の人の話によると,彼は「歴史に名を残したい。」というのが口癖だというのです。そういえば彼はよく,「歴史的」という言葉を口にします。市民運動家として身を起こし,ついにはこの日本国の首相にまで上りつめた。あとは一度手にした政権は衆議院議員の任期満了まで絶対に手放さず,何とかカッコよいこと,歴史に自分の名を刻めるようなことをやりたい一心なのでしょう。自己愛が強い単なる俗物なのではないかと思います。児玉源太郎や後藤新平のような方々は,彼のように「歴史に名を残したい」などといったケチな了見ではなく,心底から国家・国民のために邁進されたものと認識しております。

 

 鳩山由紀夫元首相の政権末期,いよいよ自分の順番が回ってくるぞという時に,彼はあれだけ迷走していた米軍海兵隊普天間基地移設問題について,「自分は関与していなかったから」などと一線を画すかのような発言をしていました。本当にいやらしい人間だなと思いました。少し前の国会の審議中に,彼は,野党議員から,「あなたには心がない。」と言われていました。確かにそうです。被災地の避難所ではごく短時間の滞在に止め,被災者には当たり障りのないことを言い,形を作っただけです。そもそも気持ちがないのだから気持ちが伝わる訳もありません。答弁の際にもイライラしたり,自分に対する一切の批判を許さないかのような狭量な態度を示したりもします。

 

 浜岡原発停止については,経済産業省と中部電力の下交渉,その苦労も知らず,脚光を浴びる記者会見は「自分がやる」と言って横取りし,ヒーロー気分です。震災直後の計画停電に関する記者会見についても,「俺がやる」といって会見時間を遅らせた結果,JRも準備等ができず,帰宅を急ぐ首都圏の勤め人は突如として徒歩による帰宅を余儀なくされました。諫早湾干拓事業に関する開門禁止問題での上告断念にしても,関係各所に対する根回しも,それが招来する結果についても十分な検討をせず,自分こそが「上告断念」の記者会見をして,あたかもリーダーシップをいかんなく発揮したのだというポーズを取りました。全ては自分の権力欲,名誉欲,保身の為なのです。以上述べたことなどは,ごく一部のエピソードであり,こういった類の彼のエピソードは枚挙にいとまがありません。

 

 人間性だけでなく,政治家としての方向性にも多大の疑問符がつきます。その最たるものは,国旗国歌法に反対したり,「菅談話」なるものを発表したり,北朝鮮の拉致実行犯の釈放嘆願署名欄に署名したり,などなどです。

 

 こういったこれまでの彼の言動を知るにつけ,私の頭の中では本当に嫌いになってしまったのだと思います。

ブログ内検索

カレンダー

2011年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー


PAGE TOP