名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料電話法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2011/02/22

[カテゴリ]

 

 先週末にはちょっとばかり感動したことが2つあった。

 

 金曜日の夜の月を皆さんはご覧になっただろうか。仕事を終えて自宅に帰る道すがら,それはそれは見事な月を眺めることができたのである。何しろ大きかったし,色も真っ白ではなく少し茜色がかっているように見えた。月というのはこんなに大きなものだったのかという驚きさえあったし,うさぎさんの餅つきの様子も何となく分かったのである。月というのは日によって様々な姿を見せてくれるし,見る者に様々な思いを抱かせてくれる。とにかくこの晩の月には感動した。

 

 明くる土曜日の晩には,うちのカミさんが飲み会ということで娘のあかねちゃんと行きつけの蕎麦屋さんで外食したのだが,その道行きの世間話で,こちらからその話題に触れた訳ではないのに,あかねちゃんの方から前夜の月の見事さに言及してきた。あかねちゃんも前夜の月にはちょっとした感動を覚えたようだ。

 

 週末の2つ目の感動はやはりバッハの音楽であった。土曜日の晩はあかねちゃんのお酌でほろ酔い加減となり,お風呂に入った後はすぐに布団に入り,良い気分で上田秋成の「雨月物語」を読んでいた。この古典のすばらしさは後日改めてこのブログで触れることにして,ちょっと疲れたなと思ってテレビのスイッチを入れたら,本当にタイミング良く,ちょうどアンドラーシュ・シフというピアニストの演奏会の放送が始まるところだった。この日は幸運だった。演目はバッハのフランス組曲全曲などであった。私もこの演奏家の平均率クラヴィーア曲集のCDを持っているが,アンドラーシュ・シフはおそらく当代一流,世界最高のバッハ弾きの一人であろう。

 

 フランス組曲は第1番から第6番まであり,どれも好きなのだが,特にこの晩に聴いた組曲第2番の冒頭のアルマンドの旋律は胸にじーんときた。感動のあまりうっすらと目に涙が・・。アルマンドはドイツ風の舞曲というほどの意味で,摺り足が主体となる舞曲のこと。バロック期の組曲の冒頭(第1曲)は,だいたいは前奏曲(プレリュード)かこのアルマンドということになる。アルマンドはフランス組曲第5番のものが特に有名で私も好きだが,この晩ばかりは組曲2番のアルマンドに感動した。これは本当に佳い曲である。

 

 翌日曜日の昼間に恐る恐る練習してみた。私にとっては苦闘の連続だったが,前半だけは何とか譜面を見て弾けた。なぜ苦闘の連続なのかというと,私の技術が劣っている点は度外視するとして,いわゆる係留音が少なくないからであろう。でもバッハを弾く場合にはこれは乗り越えなくてはならない宿命なのである。

 

 組曲2番のアルマンドに感動し,そのメロディーがくるくる頭の中で回っている状況で,昨日は東京出張であった。もちろん八重洲地下中央口の旭川ラーメン「番外地」の塩バターコーンラーメンを食べて帰ってきたことはいうまでもない(笑)。

ブログ内検索

カレンダー

2011年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

カテゴリー


PAGE TOP