名古屋の無料法律相談ならあかね法律事務所


無料法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料電話
法律相談
無料面談
法律相談
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2021/01/08

[カテゴリ]

 

 

皆様,新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

確か,私がこのブログを始めたのは2008年の12月でしたが,新年のご挨拶がこれだけ遅れたということはなかったと思います。失礼いたしました。

 

年末にも書いたのですが,思い起こせば昨年一年間は新型コロナウイルスで始まり,未収束(未終息)のまま一年が暮れ,感染者数の急激な増加傾向の中で新年を迎えたのです。やはり,社会も人の心もどこか沈んだままです。

 

それにしても,政府は1都3県の知事に押される形で,1月7日に二度目の緊急事態宣言を発令しました。菅という首相は「先手先手で」などと従前言っておりましたが,私たちの目に見える現象は明らかに「後手後手」です。このたびの緊急事態宣言の発令についても当初は消極的で,ほどなくして方針転換という迷走ぶりですし,「後手後手」と言えば,彼は新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正は「コロナが終息してから」行うなどと呑気なことを言って国民を呆れさせていましたが,結局は世論等に押される形で今国会での改正を目指すと方針を変えたことなどにも如実に表れており,またいわゆる「GoToキャンペーン」についても最後まで停止するつもりはないと断言しておきながら,その数日後には方針を変えるなどしており,何でもかんでも後手後手なのです。定見というものがない。

 

以前から思っていたことですが,この人の記者会見の様子を見ていても,完全に目が死んでいます。おどおどして自信なさげであり,相変わらず会見中の半分近くは官僚が作成したと思われる原稿に視線を落としたままです。とても一国のリーダーではありません。国民の士気を鼓舞するには程遠い。

 

一日の新規感染者数が全国で7000人に達している状況下で,今回の緊急事態宣言は首都圏4都県が対象と限定的であり,しかもその内容についても,感染リスクが高いとされる飲食店を中心に,午後8時までの営業時間短縮の要請などこれまた限定的です。酒類の提供は午後7時までに短縮,映画館やスポーツクラブといった運動・遊興施設などを対象に午後8時までの時短を「働きかける」というものです。でも考えてみれば,昼間の会食や人の混雑による感染リスクは夜間のそれと劇的な違いはあるのでしょうか。それとも何ですか,新型コロナウイルスは夜行性なのですか。

 

その一方で,中国や韓国など11か国・地域のビジネス関係者らの短期滞在と長期滞在(ビジネス往来)については継続することが決定され,当然ビジネスマンや技能実習生,留学生も入国できます。既に変異種感染者も国内で確認されているにもかかわらずです。

 

このように相変わらず外国人は入国させつつ,このような限定的な措置に果たして実効性があるのか疑問視されています。政府のこのような「兵力の逐次投入」ともいうべき手法は,戦場では愚策とされています。敵の能力を見誤り,諜報活動等を怠り,少しずつ戦力を小出しにして戦ってしまうと,結局は連戦連敗を繰り返し,最後は大敗を喫してしまうのです。今の政府はこんな状況なのではないでしょうか。

 

ここは一挙に一定期間限定で実効性のある徹底した行動制限を行う一方で,その代わりに国債を発行して十分な経済的補償を行うといった方針,施策が求められていると思います。今はいわば「戦時」です。プライマリーバランスがどうだとか,「財政規律」がどうだとか言っている場合ではないし,MMT的に大規模な財政出動が求められるのです。日本の国債は円建てです。日本円はハードカレンシーです。日本は世界最大の債権国です。ギリシャやデフォルトを繰り返しているアルゼンチン,韓国などとは訳が違います。

 

それにしても,悲しいかな,新型コロナウイルス対策,有効な経済政策を強力に実施していく司令塔が不在です。かえって菅首相のような中途半端で場当たり的,泥縄式の方策しか思いつかない人たちばかりです。ここまで言っしまっては申し訳ないのですが,「馬鹿な大将 敵より怖い」という言葉どおりの現状です。少し言葉が過ぎましたか。

ブログ内検索

カレンダー

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー


PAGE TOP