名古屋の無料電話法律相談ならあかね法律事務所


無料電話法律相談受付電話番号052-223-2101

受付時間(平日)
9:00〜18:00

無料法律
相談受付
アクセス

MENU

弁護士ブログ

2016/09/10

[カテゴリ]

 
広島東洋カープの優勝は25年ぶりなのですか。もうそんなになりますかね・・・。今年のセ・リーグのペナントレースについては,確かに広島は優勝に値する立派な戦いぶりでしたし,強かったと思います。巨人ファンの私としても全く異論はありません。私ごときが異論を差し挟んだところで,どうなる訳でもありませんし(笑)。

 

今年巨人戦のテレビ中継を観ていていつも思っていたのですが,高橋由伸監督は顔が悪い。あれではいけません。恐らく世間一般の見方では彼はハンサムの部類に入るのでしょうが,私が「顔が悪い」と言ったのは,実は表情のことなのです。この前なんか,たまに村田選手がセンターバックスクリーンへ豪快な3ランホームランを打った時でも,彼の表情はほとんど変わりませんでした。要するにいつも「浮かない」表情をしているのです。これではいけません。いろいろな意味でね。性格,性分なのでしょうが,監督たるもの選手の士気を鼓舞する何かがなければならないのです。長嶋茂雄のようにね(笑)。

 

さて,顔の話になりましたが,「昭和芸人 七人の最期」(笹山敬輔著,文春文庫)という本の中に出て来る昭和を代表する芸人七人は,いずれもいい顔をしております。この本に登場する芸人とは,榎本健一(エノケン),古川ロッパ(ロッパ),横山エンタツ(エンタツ),石田一松,清水金一(シミキン),柳家金語楼,トニー谷の七人です。

 

先日,「バカ田大学講義録なのだ!」(文藝春秋)という本をこのブログで紹介しましたが,この「昭和芸人 七人の最期」という本も産経新聞の書評を読んで思わず衝動買いしてしまいました(笑)。読んでいて感動しました。巻末にある伊東四朗の特別インタビューの内容もとても良かった。

 

それにしても,昭和を代表する七人の芸人さんたち,後世に名を残したのですからそれこそ一世を風靡し,絶頂期を過ごしたのは勿論ですが,最期はいずれもしんみりとさせるものがあります。「『老い』は、すべての喜劇人の前に平等に立ちはだかる。それは、『喜劇王』エノケンをして晩年を大いに苦しませた。喜劇人が理想的に年を重ねることが、いかに難しいかと思わずにはいられない。」(234頁)の記載はそのことを端的に表しております。

 

この七人の芸人さんの生き様やその最期はいずれも感動させますが,昭和62年7月17日に昭和の大スター石原裕次郎が急逝し,これについてはマスコミでも大々的に報道されましたが,実はその前日の16日,肝臓ガンで闘病していたトニー谷もひっそりと亡くなっていたのです。晩年は不遇だった彼がいよいよという時に最後の力を振り絞って,妻にあててテープに吹き込んだ肉声のメッセージにも感動しました。次のようなものでした。

 

「・・・俺の青い鳥、たか子 こんな素晴らしい鳥が、結婚して俺のそばにいたのに、気がつかないで、バカなことしてたが、本当の俺を幸せにしてくれた 青い鳥たか子、俺のそばにいた ありがとう、ありがとう、たか子、ありがとう」(213頁)

 

不遇だったと言いましたが,こういう連れ合いが今際の時にそばにいてくれたのですから,彼は幸せだったというべきでしょう。それにしても芸人の引き際というのは大変に難しいようですね。この本の巻末にある伊東四朗の特別インタビューでは,このことについて次のように述べております。

 

「私もそろそろそういう時期になってきてるから、自分で決めなきゃいけないんだけども、私の理想はフェードアウト。引退します、なんて発表しない。『最近出ないね、あの人』『ああ、なんか辞めたみたいだよ』っていうのが一番いいね。カッコいい引き際は、スポンと死んじゃうことじゃないの?うじうじやってるのが、一番カッコ悪いだろうね。みっともないとか、可哀そうとか言われるのは嫌だね。」(238頁)

 

あのベンジャミン伊東はこのように述べておられます(笑)。この本も一読をお勧めします。

ブログ内検索

カレンダー

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー


PAGE TOP